2009年08月17日

「信じられない」「私の頭がおかしくなったのではない。これは本当なんだ」【イギリス】

worldcup2002


僕に不可能はない
陸上の世界選手権・男子100m優勝のウサイン・ボルト(ジャマイカ)のコメントです。

 9秒58の世界新記録。実に驚きの速さです。
 しかし、それよりも驚いたのは、2位のタイソン・ゲイ(米国)が9秒71、3位のアサファ・パウエル(ジャマイカ)が9秒84、5位までが9秒台で走っているのだということです。

 9秒71出しても優勝できない!!

って、もう笑うしかありませんよね。

 日本のエース塚原直貴は決勝進出ならなかったそうですが、それでも10秒25。一緒に走ったら、めちゃくちゃ速いですよ、10秒台って(というか、とうてい追いつかない)。
 それでも決勝に出られない9秒台のレースって。もう想像を超えてます

 もう日本は、ドラえもんとかサイボーグ009とか出すしかないんじゃないかと思ってしまいます。

 で、スポーツの人気といえば、陸上以上なのがサッカーです。4年に一度のワールド・カップはオリンピックに並ぶ世界の祭典といわれています。

 そこで、ちょっと古くなるのですが、2002年に日本と韓国で開催されたワールド・カップのいい話をご紹介します。

 辛口のイギリス人がその光景にびっくりしたというのですが、果たして何に驚いたのでしょうか。

続きはココから


posted by kaigai at 18:36| Comment(29) | TrackBack(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。