2009年08月23日

「日本語は簡単」という、その理由とは?【イギリス】

日本語は簡単


「ニッポン社会」入門』に日本語習得に関する面白い話が出ていますので、紹介します(といっても、既に紹介済みの話かもしれませんが)。

 日本語は、習得するのに難しい言語なのか、簡単な言語なのか――普段、私達もあんまり真剣に考えてみたことはなさそうです。

「表記する上で、漢字・ひらがな・カタカナが存在する日本語はアルファベットで表記する英語よりもはるかに難しいんじゃないか」
「日本人でも厄介な敬語がややこしい」
男性言葉や女性言葉の違いもある」

 総じて、
日本語は外国人が学ぶには難しい言語
と、日本人である私達は思う傾向が強いのではないでしょうか。

 ところが、『「ニッポン社会」入門』の著者、コリン・ジョイス氏は、

日本語は簡単だ

といいます。

 ジョイス氏がそう言ったのは、日本語が「悪魔のように学ぶのが難しい言語だというのが定説のよう」なので、

一度、言ってみたいと思っていた」(そのときの相手の反応が、まるで「地球は丸くない」「ビートルズは過大評価されている」とでも言ったかのようだったから)
ただ話し相手の関心を引くためだった

からだそうですが、考えてみるとそれ相応の根拠があるのだそうです。

 果たして、それは何なのでしょうか。

続きはココから


ラベル:日本語は簡単
posted by kaigai at 19:22| Comment(23) | TrackBack(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。