2009年08月29日

「おニュー」「マスト・アイテム」外国語を借用し母国語化する日本人の巧みさ【イギリス】

よしふたつ


 言葉には、流行り廃れがあります。
 時代時代を反映して、常に新しい言葉や表現が生まれたり古びていったりするのですが、それをあまり考えずに、お店の看板に、

NOW(ナウ)な店

などと書くと、後でとても恥ずかしい思いをすることになってしまいます。

 今では話せれば「すごい」とされる英語も、戦前は敵性語として「軽佻浮薄」な言葉とされていました。
 そのため、戦時中の野球では、

ストライク」→「よし
ストライク ツー」→「よしふたつ
ストライク スリー」→「それまで
ボール」→「だめ
アウト」→「ひけ

と言い換えられ、ロシア人(北海道育ち)の名投手スタルヒン選手も「須田投手」と改名させられていたのだとか。

 戦争という時代背景を考えなければ、「よしふたつ」とか「ひけ」もなかなか味があるように思うのですが、それも今は昔。近年は、日本人は積極的に英語を習い、その単語を日本語に同化させていっています。

 コリン・ジョイス氏も、『「ニッポン社会」入門』の中で、

英語と日本語をうまく混ぜ合わせてしまうことにこそ、日本人が外国語を借用し、日本語化する能力がよく表われているとぼくは思う」

と語っていて、興味を持った言葉の例をいくつか挙げています。

続きはココから


posted by kaigai at 15:24| Comment(15) | TrackBack(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。