2009年08月24日

そろそろ「日本語、上手ですね」のレベルを上げてみてもいい?【イギリス】

日本語はやっぱり難しい?


日本語は簡単」と言うジョイス氏ですが、一方では、

日本語の習得を難しくしているもの、少なくとも、ほかの外国語を学ぶようにはいかなくしているものがある

ことを認めています。日本語の奇妙なところとして彼が挙げているのが、

会話が相当できるようになっても、なかなか文章が読めるようにならない

という点です。やっぱり、読むのは苦労するんですね。

「日本語の場合、新聞を読めるようになる、似たような文字を区別して目で追っていけるようになるというのは、きわめて高いハードル

なんだそうです。

 日本人が、漢字を導入し、そこからひらがな、カタカナを案出し、カタカナは外来語を表記するための文字に転用され、さらに文中にローマ字で書かれた単語が少しぐらい混じっていても問題ないと考えるに至っているという話をイギリスの友人にすると、

みな信じられないという面持ちで首を横に振る

とのことで、

日本語の表記方法はおそろしく厄介だ

とジョイス氏は記しています。

 こんなあたりを読むと、なんか、やっぱりホンネ日本語は難しいと思ってるんじゃないのかなあ?という気がします。
 ただ、日本語は難しいということにしておいた方が、

「その難しい日本語をあやつれる自分」

という話になって都合がいいらしいことを語っているので、難しい点も書いているのかもしれません。

 しかし、こういうふうに言われて改めて気づかされるのですが、昔は中国や朝鮮から、明治維新後や戦後は欧米からどんどん文字を取り入れて、それに違和感を感じないというのは、日本人という民族の特性なのですね。
 アルファベットを使う国の人たちが、カタカナや漢字を新たに導入するなどという発想はないみたいですから(あるのかな?)。

 このことは、日本人が諸外国と比べて、外からのものを吸収したり消化したりすることに関して、はるかに柔軟な指向を有する民族であることを示していると思うのですが、どうでしょうか。それがこの国が、模倣からスタートして、そこから新たなものを創造する力の源泉となったように思うのです。


 結局、
「どうもやっぱり日本語は難しいらしい」
という認識に私達が落ち着くとなると、なんか、ちょっと日本語を話す外国人にも、思わず、
日本語、上手ですね
と言ってしまいがちです。

 ジョイス氏は、この「お世辞」を、
励ましと受け取って感謝すべき
というのですが、しかし、それも度が過ぎると、

お願いだから、日本語が上手だと言うのはやめてくれ。ぼくは日本語で『洋服』を何と言うのかもまだ知らないんだから!

なんだそうです。
 まず困るのは、日本語で話しかけると、話し相手がこぞって、まるでそうしなければいけないとでも思っているかのようにお世辞を言ってくることだ。

日本語、お上手ですね。ペラペラですよ

 ぼくは初めてこの言葉を言われたときのことをいまでも覚えている。何を言われたのか、全然わからなかったからである。後で友達が、「お上手」は「上手」と変わらないこと、「ペラペラ」は「流暢に」という意味だと教えてくれた。日本語が達者だと言ってもらえたのに、当の本人はその日本語の意味がつかめなかったのだ
 得てして、欠点を指摘するよりも長所を誉めてあげる方が学習者にはいいように思うのですが、もしかしたら、そろそろ私達も外国人の、
「日本語、上手ですね」
レベルを引き上げてもいいのかも
しれませんね。

チローじゃないよ。い・ち・ろ・う、だよ」

イーは間違い。ま・つ・い

ぐらいあっても。

(参考引用 『「ニッポン社会」入門』)



「海外の反応〜外国人が見た日本」トップへ▲

けっこう面白かったという方はポチッと▼
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

posted by kaigai at 20:55| Comment(12) | TrackBack(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

>「イチローじゃないよ。い・ち・ろ・う、だよ」

>「マツイーは間違い。ま・つ・い」

>ぐらいあっても。


昔の松○電器のTVCMを思い出した。w


同音異義語や雰囲気で使う擬音も外国人にはやっかいかもね。
Posted by at 2009年08月24日 23:18
イチローはイチローでしょ?
Posted by at 2009年08月25日 09:01
>イチローはイチローでしょ?
発音のことを言ってるのでは。
メジャーとかを見ていると、イチローを読み上げるときに「イ」の部分の音程が高かったりしますし。
Posted by at 2009年08月25日 16:09
英語圏意外の国だと東洋・中東は勿論、
西洋でも「これ下さい」とか「これいくらですか」位を話すだけで、
「まあ!○○語喋れるの!?とっても上手よー!」と褒められる事は多い。
英語圏だと殆どないね。
下手で無茶苦茶な私の英語を必死で意味を汲み取ろうとしてくれたりするから、
別に馬鹿にしてる訳ではないんだろうけど、
英語喋ってくるのは当然とは思ってるよね。
Posted by at 2009年08月25日 20:52
ハチ公のハリウッド版のあの「"ハ"チ〜!」はマジで毎回吹く。あれはなんで誰も注意しなかったんだろう・・どう聞いたって外人が日本語を話したようにしか聞こえない・・。
いっそアレックスとか外国名にでもすればよかったのに・・・。
Posted by at 2009年08月25日 23:31
アレックス・・・
「忠犬アレ公」か「忠犬アル」。
Posted by _ at 2009年08月26日 01:47
あー、読みが難しいっていうのは解るなー
漢字に全部ルビ振ってある漫画辺りから勉強しだすと良いんだろうか?でもそれだとあまり勉強にならない気がするなぁ。
漢字が簡単かつ少ない児童文学から読み始めるのがいいのかな?
Posted by at 2009年08月26日 02:11
お世辞のレベルを引き上げられないのは、
もしかしたら、
異なる国の文字を受け入れてしまう懐の深さが有るのと同じ様に、発音やイントネーションの部分でも、その懐の深さゆえ 受け入れてしまっているのかも。

Posted by at 2009年08月26日 05:01
フランス行ったときも片言のフランス語で褒められたけどな。
英語圏いがいなら自国の言葉を話してもらえるのはうれしいんじゃないの?え
Posted by at 2010年07月19日 01:21
メルボルンのフードコートで中華料理を頼んで
「謝謝」と言ったら、にこにこしながら
さらに山盛りに盛ってくれたよw
どこの国の人でも自分の国の言葉を話してもらえると
うれしいもんじゃないの?
Posted by   at 2011年02月04日 18:49
日本語版のリトードリルの本を読めば文章は読めるようになる。幼児向け本ではなく教養のある大人向けの内容だから良い!
Posted by ai at 2011年07月07日 23:03
実際はどの言語も難しい所、易しい所がある……日本語は漢字が難しいが、文法発音が世界の言語の中では易しい、それだけのことだ
Posted by at 2017年05月18日 11:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126399885

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。