2009年08月25日

出演者に2億3億もギャラが出るチャリティ?『24時間テレビ』に外国人が疑問の声

レイバーデイ・テレソン


サイゾー」9月号が、
外国人も呆れる"エセチャリティ"『24時間テレビ』最大の過ちとは
という記事を掲載しています(ネットではこちら

 海外でチャリティ番組といえば、出演者がノーギャラで行うのが当たり前のところ、「国民的チャリティ番組」(日テレ公式サイトより)と銘打つ『24時間テレビ 愛は地球を救う』では、

全ての出演者にギャラが発生しているのは公然の事実。その総額は2億とも3億ともいわれている

のだそうです。

 日本テレビによれば、

基本的にボランティア」
「しかし、拘束時間の長い方など、場合によっては謝礼という形でいくらかのお支払をしております」(2000年11月「放送倫理・番組向上機構」での回答)

というのですが、「今年で32年目を迎え募金総額が272億円」にもなる“夏の風物詩”が出演者の懐を潤す催しだとなると、何だかなあと思ってしまいます。

 この“日本式チャリティ”についての外国人の声も興味深いものです。

 アメリカには、コメディアンの大御所で発起人のジェリー・ルイスが毎年司会を務めていて、既に40年以上続いている超老舗チャリティ番組『レイバーデイ・テレソン』というのがあるそうなのですが、そこではギャラは1ドルも支払われず、セリーヌ・ディオンテルマ・ヒューストンなどの大物もノーギャラで歌うといいます。

 フランスでも、1987年から20年以上続く民放の「フランステレビジョン」の『テレソン』は、出演する芸能人全員がボランティアだそうです。

 「サイゾー」は、『24時間テレビ』チャリティについて、日本在住の外国人記者に質問し、


「アメリカでもしジェリー・ルイスがギャラをもらっていたらそれはもうスキャンダルだね(笑)。かつてインド洋津波被災者のための『ツナミ・エイド』が放送されたときも、マドンナやハリウッドセレブ達が全員ノーギャラで参加をしていたし」(日本在住満3年のアメリカ人記者)

絶対におかしい! フランスの『テレソン』もタレントがたくさん出るけど全員が無償参加。番組で発生するお金は極力チャリティに使われるべきだよ」(在日5年のフランス人記者)

と、疑問の声を紹介しています。
 まだ来日2年目を迎えたばかりのカナダ人記者は、「みんな無償で出演しているとばかり思っていたからショックだよ。でも本当に? 交通費とかじゃなくて?」と、にわかには信じ難い様子。24時間テレビが日本人のチャリティ精神を喚起してきた貢献面を評価する声もあると説得(?)してみたが、「カナダやアメリカでその考えは通らないね。チャリティとはリーダーが手本を示すべきで、本来大金を稼げるはずの多忙な著名人があえて時間を割いて出演するから、一般視聴者にも意識が芽生える。むしろ日本人がなぜ怒らないか不思議」と手厳しい。
「サイゾー」によれば、結局この海外のチャリティと日本のチャリティの違いは、スポンサーに原因があり、アメリカの『テレソン』がスポンサーはついても、スポンサー料は全て寄付に廻されCMは一本も流れないのに対し、日本の場合は日本テレビが広告収入を得てCMを流すという、普通の番組と同じやり方だからだそうです。それだったら、ギャラを払え、とタレントも不満なのだということで。。

 要は、スポンサーも無償の精神はない、局もちゃんと儲けようとする、そこで出るタレントも金を欲しがるということでしょうか。
 これが本当なら、チャリティとは言いがたい話です。

 チャリティと称する側にはちっともその精神がなく、視聴者にのみ寄付を募るという仕組みなら、やっぱり批判されても仕方がないでしょうね。

 こういう話を聞いて、日本というのは、昔の守護・地頭が農民から厳しく年貢を搾り取り、下の者はお上には逆らえないみたいな思考や構造がどこかに残っているような気がしてしまうのは、考え過ぎでしょうか。。


「サイゾー」の記事は、昔ビートたけしがオールナイトニッポンで、

ヨダレ垂らした芸能人どもがめちゃくちゃ高いギャラ稼ぐくせに、これ以上貧乏人から金巻きあげんな。チャリティっていうくらいならおまえら全員ノーギャラで出ろよ!

と『24時間テレビ』に吼えたというエピソードで締めくくられています。

 たけしさんも、いつの間にか、偽善を嫌って正論を吐く「権威」みたいになってきましたね。

(参考引用:「サイゾー」)



「海外の反応〜外国人が見た日本」トップへ▲

けっこう面白かったという方はポチッと▼
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ


posted by kaigai at 14:49| Comment(14) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
障害者を見世物にしてる単なる偽善番組だからしょうがない
ジャニ出してサライ歌えばノルマ達成
Posted by at 2009年08月25日 15:53
喜んで観るやつや、金を送るやつがわるい。
Posted by at 2009年08月25日 16:11
ネット社会の拡大により情報2極化進んで、メディアの世論操作が表面化してると思う。選挙でもそうだから怖いもんだ。
Posted by at 2009年08月25日 17:58
要は慈善を装った金儲けの為の番組だしな
スポンサーの払った金の分は社員や消費者に負担上乗せときて
なんもいいことありゃしない
Posted by at 2009年08月25日 19:28
日本には馬鹿と偽善者しかいない
Posted by at 2009年08月25日 22:19
「これが日本型チャリティだ。文句言うな」という反論も成り立ちそうな気もするが
Posted by at 2009年08月26日 02:00
あの番組が放送が始まった時から見ていたが、
2年目か3年目にギャラの発生が問題になって、
そのゴシップの翌年は、駆けつけた歌手も持ち歌を歌わなかった。
山口百恵が別の人の歌を歌ったから覚えているんだけど、彼女の曲は一企業のイメージソングになっているので宣伝になってしまい、スポンサーが儲けてしまうという趣旨の説明だった。(まるで旧態NHKと同じ処遇だね)
第一回目に募金をしたんだけど、その翌年の年賀状の中に募金ありがとうという言葉と共に、司会者二人のサインを印刷した賀状が届いた。
いかにも「日本」でしょ(笑)。
アメリカのチャリティーではクリスマスカードが届くのかな?
Posted by at 2009年08月26日 02:31
中国人がやってる日本ユニセフ募金と全く同じだねw
Posted by at 2009年08月26日 02:46
募金からギャラが出るのはおかしいよなあ
ウチの家族もギャラが出てるの知らなかったらしいし、
皆知らないもんだな。

自腹を切らないで視聴率だけ稼ぐ
テレビ局とスポンサーは偽善にすらなってない
本物の屑だな〜
Posted by at 2009年08月26日 03:46
ゴミウリ系列は全て創価臭い
日ユニのアグネスも創価臭い
だから同じニオイがするのは当然
Posted by   at 2009年08月26日 15:34
いつも通り電通とかの広告代理店が大半もらっていくんじゃないのか?
Posted by    at 2009年08月26日 23:14
江戸時代は農民が残虐に搾取された惨めな時代だったという出鱈目自虐歴史教育に洗脳されたまま、本当の歴史にまだ気付かないブログ主。
Posted by at 2009年08月29日 18:20
ギャラがあろうがなかろうがチャリティーなんて欺瞞にしかみえないけど。
Posted by at 2009年09月04日 23:39
自分もちょっとそう思ってしまった。。
でもテレビだからしょうがないと思ってみんなみてるんだよね。。
Posted by at 2009年09月13日 13:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。