2009年08月26日

悲劇に立ち向かう「パンクの女王」心の支えは父から教わった日本の話【アメリカ】

パティ・スミス


 先ごろ、アメリカ・キニピアック大学(Quinnipiac University)が、

アメリカが広島と長崎に原爆を投下したことは正しかったか

についての世論調査の結果を発表しました。

 調査は、全米2409人を対象に7月27日から8月3日までに行なわれ、その結果、回答者の約3分の2が、当時のトルーマン大統領が原爆投下を命じたことは正しかったと考えており、間違いだったと回答したのはわずか22%だったといいます。

 原爆投下を支持する意見は、年齢が上がるにつれ顕著で、55歳以上の回答者では4分の3近くが支持しており、逆に35-54歳では60%、18-34歳では50%と下がる傾向を示したそうです。

 ちょうど同じ頃、第61回日米学生会議を報じる信濃毎日新聞(8月12日付け)が、

米国の教科書には広島・長崎への原爆投下は戦争を終わらせるために仕方がなかったとあるが、(知ったときは)本当に原爆を落として良かったのか、悩んで眠れなかった

と、参加した一人のアメリカ人女子学生の言葉を紹介していました。
 今後新しい世代の増加によっては、評価が変わっていく可能性もあるのかもしれません。

 そんな中、既に60歳を越えるアメリカのある女性は、第2次大戦中、日本軍と戦いながらも、原爆投下の事実ゆえ日本への贖罪の気持ちを持ち続けた父親の教えを、人生の悲劇に立ち向かう心の支えとして生きてきたといいます。

「東京の人たちは街が破壊された後、立ち上がった。広島も長崎も……。生き残った人たちは人生をやり直し、街を立て直し、伝統的な文化を再現し、新しい文化さえ生み出した私はそのことを胸に生きてきた

 70年代に詩人・ロック歌手としてデビューし、「パンクの女王」と称されたパティ・スミスその人です。


 パティは先月、「フジロックフェスティバル」に参加するために来日し、自身の半生をとらえた映画「パティ・スミス:ドリーム・オブ・ライフ」(8月29日より新宿、渋谷を皮切りに公開)のプロモーションを精力的に行いました。


 パティは、終戦直後の1946年、アメリカ・シカゴで生まれています。71年に詩人としてデビューし、75年には初めてのアルバム「ホーセス」を発表し、ロック歌手としての道を歩き始めます。
 当時アメリカでは、「パンクロックの女王」と大いに話題になりました。


パンクの女王



 その後、結婚・出産といった長い休業期間を経て活動を再開したパティに悲劇が襲います。それは親しい人との死別でした。

 写真家で暮らしを共にしたこともあるロバート・メイプルソープ、キーボード奏者のリチャード・ソール、さらにギタリストで夫のフレッド・スミス、弟のトッドと、パティは立て続けに身近な者の死に直面したのです。

 そのような悲劇を乗り越えるのに、小さい頃から聞いていた父親の話が支えとなったようなのです。

私が悲劇に立ち向かっていけるのは、父が教えてくれたことのおかげ

というパティは、次のように語っています。
父は第二次大戦中、ニューギニアとフィリピンで日本を相手に戦っていた。アメリカ兵としての任務を遂行していたの。
でもアメリカが広島と長崎に原爆を投下した時、父はとても心を痛めた。そして原爆の恐怖と悲劇、罪のない日本人に対して行ったことを私に話してくれたわ。父はそのことを生涯悔やみ続けていたの。

きっと父は、日本のみなさんがこの映画を観て、彼の姿を目にしてくれるのは、とても素敵なことだと思うはずよ(注:父親も映画に写っている。完成前に死去)。なぜなら彼はいつも、日本の人々に対して愛情を感じていたの。それは悲しい出来事があったからだけではなく、国を再建するために力を尽くした、日本の人々の復興への力に心を打たれたからでもあった。

そして父は、私たちが困難に出会ったとき、そんな日本の人のことを、よくたとえ話として話してくれたわ
すべてを失った人々が、どうのように行動したかを見てみなさい。彼らはすべてを再建し、もう一度はじめからやり直したんだよ』と。
2009.7.30 ラフォーレミュージアム原宿 プレミアム先行上映会にて
 原爆投下についても、パティは、

「父の痛みをそばで感じてきたから、私にも罪の意識がある。8月6日には広島、9日には長崎のことを思う。これからも決して忘れることなく

と語っています。


 やはり、戦争の評価というのも、年代に関係なく、誰がどう伝えるかによって、後々全く違うとらえられ方になっていくもののようです。

 「人生どんなにつらくても、自らを奮いたたせ、生き続けなければならない。そして、自分の人生がいかに大変だとしても、他人より大変だとは決して言えない。私はそう思う

 そう語るパティの強さに、少しでも日本や日本人の姿が役に立っているのなら、うれしい気がしますね。

(参考引用:アサヒコム8月21日)



「海外の反応〜外国人が見た日本」トップへ▲

けっこう面白かったという方はポチッと▼
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
posted by kaigai at 00:29| Comment(28) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>>55歳以上の回答者では4分の3近くが支持しており
戦火の及ばない安全な土地で「鬼畜日本」て電波を毎日受信してた連中からしたら「パールハーバーのお返しだ。ざまぁww」ってのは当然の反応かとw

ヒストリーチャンネルかなんかで、元海兵隊の爺ちゃんが
「カミカゼはやってくるし、本土に上陸したら沖縄以上の激戦になると思ったら鬱だった。原爆が投下されて日本が降伏したときは正直ホッとした。民間人が殺されたことには心が痛むが、ドレスデン空襲のように”そういう時代だったのだから仕方がない”と思うしかない」って言ってたっけ。
壊れたレコードみたく「リメンバー パーry」と言われるよりかは納得できるわ。
Posted by at 2009年08月26日 03:24
非戦闘員を殺害したことに正しいかどうかアンケート取られても…
やはり日本人が言ってたように鬼畜なんでしょうね。

将来、どこかの国がアメリカに宣戦布告して、
1時間後にアメリカの大都市で核兵器を使っても、それは「戦争を早く終わらせるため」なので、アメリカは一切文句言えないという事でしょうね。
Posted by at 2009年08月26日 03:37
まあまあ
アメリカさんだって自分たちにそう言い聞かせないと
耐えられないくらい、原爆が酷かったって事でしょう

自分たちが本当はヒーローじゃなくて、
原爆に意味がなかったら…と考えてしまわないように
自己暗示の一種なんだと思いますよ。
Posted by at 2009年08月26日 03:53
このブログは本当にいいですね。
他の翻訳ブログのように2ちゃん化しなければいいなぁ。

「原爆投下前に日本は降伏の意思表示をしていた」って歴史的事実すら知りませんからね、彼らは。
日本の降伏条件はただひとつ。日本の国体(皇室制度)を維持させてほしいという一点だけ。
それを飲みさえすれば、原爆なんか必要なかった。

これをアメリカ人に説明すると、何もいえなくなりますよ。
Posted by かずんど at 2009年08月26日 04:54
50年くらい前はアメリカじゃバスも白人用、黒人用に
分けられて白人用に黒人が座ってたりしたら殴られた
時代だから 自分たちアメリカ白人以外が死んでも
なんとも思わんよ 実際いまでもイラク戦争で65万人
も殺してるからね
Posted by at 2009年08月26日 10:48
同意が欲しいだけのアンケートってあるよな
Posted by at 2009年08月26日 11:25
日本の侵略は綺麗な侵略!とか抜かしてる酷使様にも見習ってほしいな。
Posted by   at 2009年08月26日 17:49
こんなとこにもチョンが湧くのか・・・
Posted by     at 2009年08月26日 18:08
>55歳以上の回答者では4分の3近くが支持しており

まあ放射能汚染の恐ろしさが理解できずにただのでかい爆弾としか考えてないからってのはあるかと

"それでも復興した"では済まない苦しみなんて想像できるんだろか?
Posted by   at 2009年08月26日 18:10
何としてもヒーローでいたいんだなw

否定派が多くなる時代を願うよ。
Posted by at 2009年08月26日 19:49
とりあえずアメ公の頭の上に核爆弾の雨霰が落ちれば
日本人の百億倍くらい被害者ヅラして騒ぎそうだし
そのほうが核廃絶への近道な気がする。
Posted by at 2009年08月26日 23:05
>日本の侵略は綺麗な侵略!とか抜かしてる酷使様にも見習ってほしいな。
モンゴルと中国と朝鮮が日本侵略しようとして
失敗したのは綺麗な侵略なのか?w
失敗したからそれ以前の問題なんだろうけどw
Posted by at 2009年08月26日 23:12
正直、その娘とかにまで罪の意識とかは
感じてほしくないけどな。
歴史的背景は結局どちらかの視点に
よって考えないと話がまとまらないってことも
あるから、全体的にぼかすしかないだろう。
Posted by at 2009年08月26日 23:19
アメリカは生まれてすぐ殺しと世界一の武器を手にした残酷な子供みたいな存在だからな

第2次世界大戦でも唯一アメリカ国民はノーダメージで最後まで裕福な生活を送っていた

おまけに中国と結託して戦後に反日教育を流布させた最悪な奴
Posted by at 2009年08月26日 23:23
戦勝国・アメリカでは年を経るごとに戦争反対が多くなり
敗戦国・日本では年を経るごとに戦争反対の声が少なくなっている
この差は何だろうね、日本では自虐史教育をしているというのにね
Posted by at 2009年08月27日 00:10
日本軍は悪だと学校で植えつけられる子供なら
自然と
「原爆で戦争が早く終わってよかった
だって日本は悪だから」
という結論になって終了
Posted by at 2009年08月27日 01:22
先祖代々広島で原爆三世の俺からしてみれば、アメリカ人が「原爆は正しかった」って言ってきても「別にいいんじゃない?」って思う。
価値観が違うのは当たり前だし、中国人や韓国人みたいに謝罪だ賠償だとキチガイみたいに騒いでもどうにかなるもんじゃないしな。
だが、俺は911テロが起きたときは兄貴や学校の友達たちと手を叩いて喜んだし、今でも素晴らしいことだったと思っている。
もちろん「原爆は正しかった」とか抜かすアメリカ人に文句は言わせねぇ
Posted by at 2009年08月28日 00:20
●アメリカ人が「原爆は正しかった」って言ってきても「別にいいんじゃない?」って思う。
●もちろん「原爆は正しかった」とか抜かすアメリカ人に文句は言わせねぇ

「別にいいんじゃない?」と、
「文句は言わせねぇ」ってのは矛盾だよw
Posted by ↑ at 2009年08月28日 01:09
広島、長崎で原爆の被害に遭われた方々には哀悼の意をもってご冥福をお祈りします。
でも、当時の日本がああいった大きな犠牲を伴わずに、何もきっかけが無いままに敗戦を受け入れたのかとも考えてしまいます。
Posted by at 2009年08月28日 17:05
>正直、その娘とかにまで罪の意識とかは
感じてほしくないけどな。

同意。
そして同じことは日本人にも言えると思う。
やったことも、やられたことも、世代が代われば「事実」を淡々と継承していくだけであるべき(どこかの国のように、子孫に土下座させるなど、問題外だ)。
その上で、互いの立場や思いについて、多少の想像力を働かせればじゅうぶんだと思う。

当時の日本は本気で本土決戦をやるつもりだったことを考えると、単純にアメリカを鬼畜とは言えないと思える。
アメリカからみれば、日本人百人より、アメリカ人一人の方が大切なのは当然だし、むしろ「国」としてはそうでなければならない(だから「日本は原爆を落とされて当然だった」的な国内左翼系の考え方は虫酸が走る)。
ま、原爆は一般市民を標的とした犯罪行為ではあるが、アメリカに対してその程度の理解はしておこうや。
Posted by at 2009年08月29日 02:56
アメリカは戦争中、鬼畜で強姦もし、残虐だったのは事実です。

ですが、現代のアメリカ人が悔やむことではないと思います。
Posted by at 2009年08月30日 14:07
その通りです
今のアメリカ人が罪の意識を持つことは間違っています。
憎むのは日本でもなくアメリカでもなく核なのです
戦争なのです。これを忘れてはいけない。
戦争世代の人達は揃ってこういいます。これが全てです。悪いのは国民を苦しめるだけの戦争そのものなのですこれを忘れてはいけない。
アメリカ人にそんな馬鹿なこという奴がいたら殴ってやります
Posted by at 2009年09月11日 14:39
この人のような人が多く居れば
日本人の心も救われる気持ちにあるかもしれませんね。
過去のことだけどあまりにも酷い惨劇だったので
心に引っかかっってしまう。
ただ、過去のことだからそこまで心を痛めなくてもいいと思う。
非戦闘員を原爆で殺戮した罪だけを心に思ってくれればそれいいと思う。
Posted by この at 2009年09月26日 14:27
いいぞ、なら戦争だ[2009年09月11日 14:39] よ

日本こそが核武装して良い唯一の国だと思い知るがいい、そして死ね、俺は素手でなど戦わぬぞ
Posted by at 2009年11月19日 01:49
生きてる人間に核兵器ぶち込む好意に正しいも糞も無いが
本土決戦になってたらもっと悲惨な結果になってただろう
ソ連に本土蹂躙されたドイツの民間人の死者数は日本の3倍
しかも単に殺されるだけでなく略奪や強姦といった非人間的行為も数え切れないほどあったろうし

勝てりゃいいが片方は必ず負けるわけで
更に現代戦だとグダグダになって両者共倒れみたいな状況も多いし
戦争なんてするもんじゃないね
Posted by at 2010年01月30日 14:01
原爆だけが大きく取り上げられるが、東京大空襲など絨毯爆撃による無差別殺人があったことも忘れて欲しくないな。
ただ核兵器が世界から戦争を激減させたのも悲しいかな事実なんだよな・・・。
通常戦力だけに戻ると間違いなく戦争は増えると思う。
それを考えると如何にして核兵器を無くすかの難しさが分かる。
Posted by コン at 2010年10月03日 07:31
原爆を特に大きく取り上げる意味としては、放射能の被害を知らせるというのがあるんじゃないか。
原子爆弾を「特に威力の大きい爆弾」としか認識してない人は多いと思う、海外には。
Posted by at 2010年11月06日 14:18
僕のような一般市民には戦争によるメリットなんて何一つ有りませんが、何処かには居るんだよね、戦争によって利益を得る輩が・・・。
 一握りの人間の利益の為に、多くの人たちが巻き添えを喰うのは何も戦争に限った事ではないのだけれど、ね。
 搾取するのと・されるのと両方が居るのは、動物の(生物)の本質というかなんと言うか・・・。
Posted by at 2010年12月26日 16:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。