2009年09月08日

オランダ人の見る「2種類の日本人」とは?【オランダ】

アムステルダム


 5日、オランダ、デグロールシュ・フェステ・スタジアムで行われたサッカーの国際親善試合オランダ対日本」は、3−0で日本が負けてしまいました。

 サッカーについてはあまり知らないのですが、オランダは世界ランキング3位の強豪国だそうですので、なかなか簡単には勝たしてくれないのでしょうね。

 ついでなので、世界ランキングを見てみると、1位はブラジル、2位はスペイン。4位以下は、ドイツ、イタリア、ロシア、イングランドで、アメリカが11位なんですね。アメリカは、そんなにサッカーが盛んという印象がなかったので意外です。
 日本は40位。それでも韓国(49位)よりは上なんですね。逆かと思っていました。

 今後の頑張りに期待です。

 世界17カ国の日本人観をまとめた名著ニッポンの評判』によると、そのオランダで、2000年、日蘭国交400年祭のときに、オランダ国営第一放送が「日本人を語る」というパネル・ディスカッションを行ったそうです。

「日本人は、単一民族ではなく、れっきとした多民族といえるほどだ」
「その旺盛な好奇心は私たちオランダ人にそっくりである」

との結論が導き出されたその番組で、オランダの人たちは日本人に2種類の日本人があるとしていたようです。

 果たして、その2種類とは何なのでしょうか。


 オランダ人が2種類として挙げた日本人とは、「日本在住の日本人」と「外国在住の日本人」のことでした。

「日本在住の日本人」は、それこそ多種多様で、単一民族とは思えないほどユニークで斬新、というのが番組での共通の意見だったそうです。
「思想的な面から考えれば、日本人は多民族といえるくらいに、革新的な考えを持つ者もいれば保守そのものという者もおり、均一化されておらず各々が個性的である。その基となるのは精神の強さである。強いからこそ、他国から導入される思想や流行などを素直に受け入れる姿勢をもてる。つまり、『土着の日本人』は、常に柔軟かつ寛大な心と精神を培っている国民だ」
 「多民族といえる」「均一化されておらず個性的」「精神の強さ」など、意外な評価にも思えます。

 他には、
旺盛な好奇心にみちて、他から持ち込まれた文化を取り入れることに積極的
という記述もあり、それはなるほどと思いました。

 一方、もう一種類の「外国在住の日本人」というのは、日本在住の日本人と違って、外国の文化を取り入れてなじもうとしない、「絶対的な単一民族なのだそうです。

オランダ人はこうであると決めつけ、自分は日本人だという事実に執着して縛られている
「両国を微に入り細に入り比較したあげく、お決まりの『日本大称賛』に終わる
「日本イコール天国。そのギャップから自己コントロールがうまくできず、精神的な引きこもりに陥ってしまう」

という、どうやらオランダ人が接する、主にオランダ在住の日本人を指しているらしく、オランダ人からすると、

自分の国ではあれほど柔軟な日本人がなぜ?

と、この2種類の日本人の違いが理解に苦しむというのでした。

 確かに、そういわれると、思い当たるような気がします。

 ただ、この『ニッポンの評判』の著者はそのオランダ人の見解に理解を示しながらも、

日本について正確な知識を持っているオランダ人は、かなり稀
「日本人のほうがずっとオランダのことを知っている」

と述べていますので、この2種類の日本人説がこの先もオランダ人の日本人観のままかどうかは、今後の日本とオランダの交流と相互理解に関わってくるのかもしれません。

 著者は最後に、日本を愛するオランダ人のこんな言葉を紹介しています。
「古き昔から大陸の文化を大いに取り入れながらも、その影響を直接受けることなく、己の文化に組み込みながら独自の発展を遂げてきた日本。自らの国の繁栄を願い、国民一人一人が切磋琢磨して世界トップクラスの大国にのしあがるということは、愛国心なくして不可能である。故に、日本人は誇り高き国民である。自国をここまで愛している国民は他にないであろう。但し、オランダ国民を除いては、だが」


(参考引用:「ニッポンの評判」)



「海外の反応〜外国人が見た日本」トップへ▲

けっこう面白かったという方はポチッと▼
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
posted by kaigai at 20:18| Comment(16) | TrackBack(1) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なかなかコメントし難い内容ですね。
もう少しお互いに知らなければ何も言えなさそうな。
Posted by at 2009年09月08日 21:04
それにしても400年てすごいな。

学校の先生もオランダ人はインドネシアを奪った日本が憎いという気持ち、
ナポレオンに占領されたあとも出島にはオランダの国旗があげられ続けられていたからオランダは滅びてなかった!ってことに対する感謝の気持ち
らしい
Posted by at 2009年09月08日 22:31
>日本在住の日本人と違って、外国の文化を取り入れてなじもうとしない
これってどの国の人にも少なからずあるんじゃないかな。中国人やイスラムの人らに比べれば全然馴染んでると思う。
Posted by at 2009年09月08日 23:22
水に粉ゼラチンを入れる→溶ける
粉ゼラチンに水を入れる→溶け残る
Posted by at 2009年09月09日 01:56
日本は決して単一民族なんかじゃないぞ!
アイヌ民族・琉球民族・古代では隼人民族と、
在外日本人とか訳の分らん理屈じゃなく、れっきとした多民族国家だぞ
Posted by at 2009年09月09日 07:14
両極端というのは分かる、帰国子女で日本マンセーで帰ってくる奴もいればその逆でとにかく日本を貶めて留学先を持ち上げる奴がいる。
Posted by at 2009年09月09日 07:29
面白い記事だね。管理人は良い眼をしておられる。

若い時に、愛国心はなかったけれど、
年を重ねるほどに、日本が愛おしくなる。
日本文化を築いてきた先人に感謝する。
Posted by at 2009年09月09日 12:19
日本は中国や朝鮮に比べればDNA的にも歴史的にも単一民族という研究結果が出ていますよ
Posted by at 2009年09月09日 14:00
>水に粉ゼラチンを入れる→溶ける
>粉ゼラチンに水を入れる→溶け残る

おお、なんか面白い


>日本は決して単一民族なんかじゃないぞ

精神的にって意味だと思いますよ
Posted by at 2009年09月09日 14:16
日本人の振りした朝鮮人、中国人じゃねーの?
Posted by at 2009年09月09日 14:56
ヨーロッパの思想風俗の歴史を語る時、どこそこの地域は先進的・独創的である〜オランダ以外としては。

↑オランダってこういう言い方をされる国。
Posted by at 2009年09月09日 16:07
>>Posted by at 2009年09月09日 07:14
単一民族の定義を満たしてるんですけど…
Posted by at 2009年09月09日 16:12
10年程海外で暮らしていますが、海外で暮らしている日本人の方々(駐在の方は除いて)は、自国を離れてみて自身を日本人である、という再認識と愛国心みたいなものが強く出てくる場合の方は多いと思います。衣食住が全く現地人化する日本の方の方が少ないのでは。。
自分の家を離れてみて、やっと親や実家が存在する事に感謝する気持ちと相通ずるものがあるのでしょう。
国籍どうであれ、自分自身のアイデンティティーを持つことは人生を歩んでいく上で一番と言っていいほど大事だと思います。
Posted by ジプシーちゃん at 2011年06月08日 21:58
オランダ在住のトク君8歳 親両方日本人

トム聞いてくれ お前は実は日本人なんだよ

トムはショックのあまり 泣き崩れました

それいらい日本人を馬鹿にすることは言わなくなりました
Posted by at 2012年01月21日 16:24
1年間ですが、オランダに住んでいたことのある者です。「日本に住んでいる日本人」に対する評価については、ありきたりの日本人観とは違って興味深かったです。なるほどと感じる部分も多いです。オランダ人の「外国に住んでいる日本人」に対する評価については偏っていると感じますが、それはサンプルが少な過ぎることも一因かと思います。いずれにせよ、いや、面白いです。
Posted by 通りすがり at 2012年04月02日 23:48
まあ、海外へ行くとアメリカでは特に「お前の国って
大したことが無いんだろ? だからウチに来た」と
いう失礼な人は確かにいるんで、自己防衛から過剰に
自分の国は素晴らしいと言うらしいね

海外に嫁いだ日本人妻ってテレビで見たけど、
欧米の価値観をそのまま受け入れずに日本の
やり方を伝えようとする女の人が多いから、
オランダ人からすれば「頑固な女」と思われても
仕方ないと思う
Posted by   at 2013年10月24日 03:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

二種類の日本人
Excerpt: オランダ人の見る「2種類の日本人」とは?【オランダ】 「日本在住の日本人」と「オランダ在住の日本人」というくくりで分けられているところが実に興味深いこの記事。まず後者の方から・ 一方、もう一種類の「外..
Weblog: 独り言v6
Tracked: 2009-09-09 06:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。