2009年09月10日

クマ型介護ロボット「RIBA」を見たアメリカ人の反応【アメリカ】

クマ型ロボット「RIBA」


 ドラえもんはネコ型ロボットですが、こちらはクマです。

 理研と東海ゴム工業が、世界に先駆けて介護支援ロボット「RIBA(Robot for Interactive Body Assistance:リーバ)」を開発しました。

 RIBA は2本の腕で、人をベッドや車椅子から抱き上げ、移動し、抱き下ろすという一連の作業をこなすことができ、介護の負担を軽減するロボットだそうです。

 ロボットの重さは180キロで、2006年には最大18・5キロ(40パウンド)しか持ち上げられなかったところ改良され、最大で61キロ(135パウンド)の体重の人を安全に運ぶことができるといいます。

 動作は、声による指示に反応して動き、センサーの働きで指示する人のいる方角に真正面に向き合うよう修正できたりもします。

 詳しくはこちらです(動画もあります)。

 このロボットを見たアメリカ人の感想は、どんなものだったのでしょうか。

●とても魅力的です。
 まじめな話、日本が高齢者に対処するのに、よく知られているような、移民に門戸を開いたり、優れたスキルを持つ労働者を招く代わりに、科学技術に目を向けるというところは、惚れ惚れします。

●本当にそう。でも、アメリカと違って、日本の技術革新システムが、軍事費にあおられたものではないことを忘れるべきではないと思います。

 最先端の研究開発の投資の際、いつも口実として使われる政治上の敵の脅威に代わって、日本では人口が高齢化していっているということが「敵」なのです。

 看護師不足は、確かにあなたの言うように、門戸を広げることで解決できるでしょう。しかし、新しい科学技術への投資の口実として、日本が看護師不足を使うことをそれで止められるとは思えません。

●移民を許可することが必要でしょうか。国の経済と社会に害を及ぼすだけです。
 異邦人の受け入れは、既に出来上がった環境の自然なつながりに悪影響を与えます。
 ロボットなら、うまく溶け込ませられます

 私はこの産業を支持します。
 多くの問題を解決するでしょうし、うまくいけば、ロボットは手仕事をこなし、それぞれが持ち場を確保することになるでしょう。


別の動物が必要じゃないか、と思うのは私だけかな?

白い小熊の突撃隊員?

●素晴らしいコンセプトですね。
 私は看護師ですが、これは何度も繰り返し役に立つでしょう。
 一番の問題は、運べる体重の限度です。患者で、135パウンド(61キロ)以下というのでは、話になりません。
 お金を払うに値するには、少なくとも私が出くわすことになる300パウンド(136キロ)の患者を持ち上げられることが必要です。
 ぎりぎり最低で、200パウンド(90キロ)。

●このロボットは、まだ開発途上ですよ。
 2年前よりも3倍以上強度が上がっていることを考えると、最も重い患者を持ち上げられるようになるのも、おそらく時間の問題でしょう。

●大多数の日本の大人は、135パウンドがリミットでも十分に実用的なんじゃないでしょうか。
 われわれの国(アメリカ)は、恐ろしく太りすぎです。250から300パウンドの人を持ち上げられるかどうか、標準と考える必要はないでしょう。
 その状況に適応するというのではなく、問題の根本として肥満の問題の解決に目を向けるべきでしょう。

アメリカ向けにゴリラのバージョンを売り出すべきでしょう。300パウンド以上扱えなきゃなりませんが。(笑)

●うーん、素晴らしいんだけど、実際問題として、アメリカでは135パウンド以下の患者は多くないです。

介護ロボット
●ロボット。それは、この惑星の新しい支配だ!!! くそ、ロボットめ!!!お前が大嫌いだ!!! というのは、私だけの意見か。

●その姿を見て、私は、このロボットが子供たちを「持ち上げる(lift)」よう設計されたものだと確信しました。私は真剣に、これが「god damn 小熊」だと言っているのです。

●単なるかわいい顔した「フォークリフト」だよ。

(注:上の2つは、キリスト教でいう、神が人々を「引き上げる(lift)」的なジョークを言っているようです。それを受けて、単なる「フォークリフト(FORKLIFT)」と返しています)

●良い……。


 感想を見ると、計らずもアメリカの肥満問題がクローズアップされてしまっていますね。

 ちなみに、なぜクマにしたのかというと、人間に似たロボットだと患者を怯えさせてしまうので、安心感を与えるようなテディベアにしたのだそうです。

 理研と東海ゴム工業は5年以内に実用化を計画しているといいます。


「海外の反応〜外国人が見た日本」トップへ▲

けっこう面白かったという方はポチッと▼
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

ラベル:RIBA ドラえもん
posted by kaigai at 18:52| Comment(13) | TrackBack(1) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういうの好きです。本当に日本は軽はずみに移民を受け入れて高齢化問題を解決しようとするのは止めて欲しいですね。それは長い目で見ればもっと大きな問題を孕んでそうですから。そういうのはこういう技術でどこまで出来るか皆で考え尽くした後でもよいと思います。
Posted by   at 2009年09月10日 19:15
労働力を移民で何とかって考えてる人って
その移民も年取るってこと考えてるんですかね?
Posted by at 2009年09月10日 19:32
ミミズのような口の線は、キティちゃんのヒゲ同様、ない方がよりかわいいのではないかと。
Posted by at 2009年09月10日 20:13
だからお前らアメ公のために日本は頑張ってるんじゃないって
Posted by at 2009年09月10日 21:06
痩せろ
いいから痩せろ
とにかく痩せろ
つべこべ言わずに痩せろ
話はそれからだ
Posted by at 2009年09月10日 22:12
>単なるかわいい顔した「フォークリフト」だよ。

確かにw
Posted by at 2009年09月11日 01:52
要介護になればやせると思うんだけど、デブの国では違うのかしら。
Posted by at 2009年09月11日 03:25
なんつうかデザインがいい
Posted by at 2009年09月11日 09:47
ゴジラでデザインしてくれ。
Posted by at 2009年09月13日 13:21
これはいいですねー
自分が老人になったら、介護職員に面倒見てもらうより、ロボットと暮らしたい。
Posted by    at 2011年06月02日 16:54
口と鼻?、鼻と鼻??

区別はどこだろう。。
今更だけど・・・
Posted by at 2011年08月16日 01:29
アメリカの100kg超えは論外だが
女性や小さな男性はともかく、ある程度身長がある男性は61kgオーバーは当たり前だからな
もうちょっと重いものが持ち上げられた方がいいのは確か
Posted by   at 2011年08月21日 11:51
これって2chのAAのあいつじゃないか!?
Posted by at 2011年11月13日 17:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

第12講 課題
Excerpt: ・「タイタン8」 タイタン8は四足歩行が可能なロボットであり、ある程度の段差は乗り越えられるという特徴を持つ。また、四本の足を倒すことで、車輪による移動も可能になり、段差は越えられなくとも非常にスピ..
Weblog: 回鍋肉定食
Tracked: 2010-12-21 11:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。