2009年10月10日

「たけしJAPAN・日本vsアメリカ」に出演したマックスさんからメールをいただきました

自衛隊


たけしJAPAN・日本vsアメリカ」に出演したマックス・フォン・シューラー小林(Max von Schuler-Kobayashi)さんからメールをいただきました。

「たけしJAPAN」は、放送時間が限られており、当日の討論は大幅にカットされてしまったそうなので、他にどのような話があったのかなどをお伺いしたところ、お返事をいただいたものです。
 ご本人の掲載許可がありましたので、ご紹介いたします。

 マックスさんは、

アメリカ人が語る、アメリカの社会、戦争、と将来 American society, war, and future, one American speaks」(http://tokyomaxtalks.blogspot.com/

というブログも書かれています。興味を持たれた方は、そちらもご覧ください。

(以下、マックスさんからのメールです)


kaigaiさん、

お返事を有り難うございました。最近仕事の方でちょっと忙しく成って、ブログ関係を書いていません。

勿論、”たけしJAPAN”収録の時はもっと長かったです。番組の収録時間は4時間ぐらいでしたが、放送の時に2時間でした。キンテーロさんの話はすべてカットされました。私のカットされた話は、えなり君と自衛隊の事を話しました。私は“日本を守る為に、自衛隊は十分強いです。”の様な意見をえなり君と話しました。

現在、在日米軍は冷戦の時から変わっていません。しかし、ソ連は崩壊しました。ロシアから日本に脅迫は有りません。中国も、日本に危険では有りません。勿論、尖閣諸島の問題を知っていますが、この問題について海上保安庁は十分です。中国が航空母艦を2隻造る計画を知っていますが、本当に造るかな?それと、地理的に日本はいい位置に有ります。日本、台湾、フィリピン、インドネシアは全部中国の海路をブロックしています。冷戦の時代は終わっているから、中国とロシアと海戦の心配は無くなったです。両国は自分達の国内問題が有って、日本と戦争する計画が有りません。

北朝鮮の軍隊は脅迫ではなく、笑う物でしょう。私の個人的意見で、核兵器を持っていないと思っています。その国の専門は、集団ゲームです。これはただのショー、芝居みたいな事で、国民にとって朝鮮と言う国は素晴しい楽園で、世界にそう言う事を見せる為に行なっています。勿論、朝鮮人は実は餓死しています。このショーは偽物です。その偽物のショーを創る事は上手いけれど、私はその核兵器テストも偽物ショーと思っています。

とにかく、日本はアメリカの核の傘に入っていますから、もし朝鮮が本当に核兵器を日本に落としたら、勿論アメリカは朝鮮と言う国を消します。中国は朝鮮が緩衝国として考えています、中国も朝鮮が戦争を始まる事を反対です。

正直に言うと現在、日本に冷戦時代みたいな軍事脅迫は有りません。しかし冷戦は終わってから、アメリカは日本でもドイツでも基地から撤退していません。この日本とドイツに有る基地は、現在アメリカの中近東戦争の為にサポート基地として使っています。この基地は日本とドイツの防衛では無く、アメリカの勢力展開拠点として利用しています。

私が日本自衛隊を改善するチャンスが有りましたら、潜水艦の数は20隻から60隻まで、習志野(千葉)の空挺旅団を師団にして、それとF−4戦闘機を撤退して、すべてF−15にします。でも現在の自衛隊は強いですし、世界の軍隊の中で、上から8番目位ぐらいです。それで、アメリカ兵は一人でも必要ありません。

しかし、これから日本に危険な事は、食料自給率、温暖化、と石油減らしの問題です。何とか日本は文明な国状態を守れると思うけれど、アメリカは文明を崩壊するでしょう。15年後ぐらいで、アメリカ人の生活のレベルは1,000年前の中世ヨーロッパと変わりません。何故か、アメリカ人は今世界の戦争ばかり考えて、この大切な温暖化、石油の問題の為に全然準備をしていません。
はっきりに言うと、温暖化と石油減らしを信じていないし、アメリカ人は何か神様の奇跡がアメリカ人を救うと思っています。

http://tokyomaxtalks.blogspot.com/2009/09/post-war-relations-between-japan-and.html


「海外の反応〜外国人が見た日本」トップへ▲

けっこう面白かったという方はポチッと▼
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

posted by kaigai at 15:45| Comment(26) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もの凄く良くわかってるお
やっぱり頭の良い人が出てるんだなあと思いました。
ネットの目先だけしか見てない人と大違い
しかし意外にも考えが大きくずれてると思ったら、ここまで日本人が考えてることと同じとは凄い・・ とても参考になるね
Posted by at 2009年10月10日 21:49
もの凄く良くわかってるお
↑すいません最後に変な文字が一つ入りました
コメント汚しすいません
Posted by at 2009年10月10日 21:52
経済や温暖化そして食料燃料事情が悪化した時に、同盟国である米国の国益の為に、日本はあらゆる事でギュウギュウ絞られ、米国破綻の前に窒息死してるのでは???

とりあえず環境優等生としての国際的立場の確立を目指べく、宣言した環境問題改善に向けて努力するのでしょうが、果たして環境で日本の立場は守れるのかは気になる。

環境問題、細かい所では全ての屋根にソーラーパネルを付け、街の隙間に植物を植えたりか。食料問題の改善も兼ねて、街路樹には果実が生るものが望ましいとか、境界線には垣根や壁でなく野菜プランターを設置する事なんて書かれたガイドラインが先々出たりして。
Posted by 奇跡待ち・・・神頼みなんて怠け者と神様も怒るよ at 2009年10月11日 00:49
アメリカの楽天的な所にはしばしば閉口するけど、
実は結構好きだったりする。問題は問題で解決しなきゃいけないと
思うけど、それにはまず前向きな気持ちが必要だと思う。
ラテン系の人の「今日失業しちゃったよあはは〜」みたいな
明るさだけじゃなくて「よし、これからどうするか考えよう」って
前に進む強さもアメリカは持ってると、個人的に思うな


長い撮影を編集でカットしてしまうのは、テレビはしかたないですね。
でももっと討論が見たかったです
Posted by at 2009年10月11日 01:22
文章が凄くうまいね、副詞とかの使い方がまだ微妙だけど、要点を上手くまとめて分かりやすい文章になってる。
Posted by at 2009年10月11日 03:12
しかし空挺団まで知ってるなんて何者だよw
Posted by at 2009年10月11日 15:54
消します か  マンガみたいだな
Posted by at 2009年10月11日 18:49
残念ながらあまりかしこい人間の意見ではなさそうだ。
中国が国内問題の解決のために外部、特に日本との紛争を利用する可能性は大いにある。
実際に尖閣諸島に軍艦を派遣している事実を忘れるべきではない。
中国は問題解決のために軍隊を動かすことをためらわないし軍隊を動かす以上不測の事態の可能性は常に存在する。
万一の際中国自身が育てた偏狭な民族主義、反日感情は自身の手を強く縛り問題への誤った解決へすすむ可能性があることを無視した議論は成り立たない。
Posted by at 2009年10月11日 23:37
正直なところ、地球温暖化っての半信半疑なんだよな・・・おれ。
石油の代替エネルギーは必要だとは思うが、それを太陽光発電や風力発電で補うというのも現段階では非効率すぎるのでは。

「エコカー」もCO2を削減するのを目的として大量生産すればするほど製造過程におけるCO2の排出量を増やすことになる。
第一本当にCO2が地球の温暖化に大きな影響を及ぼすのか、説得力の有る異論も多くはっきりしない。
排出権なんかも新しい金融ビジネスっぽい感じがするんだけれど、環境問題を絶対正義の「錦の御旗」のように振りかざして異論を封殺しているような気がする。
まぁ環境ビジネスとやらで景気が良くなるんならいいんだけれど、環境税とやらがすでに地元の自治体なんかでも導入されてきて、うまい具合に騙されてるんじゃないかと思う今日この頃。
Posted by at 2009年10月12日 00:00
地球温暖化の原因か、また原因として主原因なのか、等々あるけどCO2の濃度が上がってるのは事実。
このまま濃度が上がり続けると何かCO2の濃度上昇に起因する現象が起こる可能性は十分ある。
現象が顕在化したときには既にいくつかの問題が手遅れになってるかもしれないのでリスクを回避するべく現状維持に努めるという目的でCO2を押さえる方向に動いてるのはありかと思う。
Posted by at 2009年10月13日 01:54
 マックスさんキターッ!
 管理人さん、マックスさん、マックスさんの意見公開ありがとうございます。

>えなり君と自衛隊の事を話しました。

 待ってました。興味深い意見、ありがとうございます。

>尖閣諸島の問題を知っていますが、この問題について海上保安庁は十分です。

 『東シナ海の資源・ガス田』の権利を狙って尖閣諸島の帰属問題、領土問題になっています。
 マックスさんはこの問題に関して『海上保安庁で十分』と考えているようですが、なぜそう思うのでしょうか。

 海上保安庁の巡視船を派遣して、中国側が暫定的にでも油田開発から手を引いた上で、日本側が調査を行うなり、中国側が調査結果を公表するなり、あるいは日中が共同開発に乗り出すなりするなら問題ないといえるでしょうが、実際はそうではないのです。

 もし某国がアメリカ近郊の領海外においてアメリカ領海内にあるかもしれない石油を採掘しようと調査船で調査をし、軍艦を派遣して警備を行い、資材船を使って採掘施設や採掘者用の住居を建設したら、アメリカは、どこかの段階で沿岸警備隊だけではなくて軍隊も派遣するのではありませんか?

>北朝鮮の軍隊は脅迫ではなく、笑う物でしょう。

 大局的な観点から言えばそうなのでしょう。
 しかし私は笑えません。その軍隊によって拉致事件が実行され、悲しんでいる人がいるのですから。

>私はその核兵器テストも偽物ショーと思っています。

 その偽物ショーによって、北朝鮮は他国から援助物資を引き出そうとしています。その援助物資の費用はどこからでるのでしょうか。国民の税金です。

>でも現在の自衛隊は強いですし、世界の軍隊の中で、上から8番目位ぐらいです。それで、アメリカ兵は一人でも必要ありません。

 誰がどのような基準で順位付けたのかが分からないことが1つ。もし評価が公正で8位程度だったとしても、敵対国の順位がさらに上位にあるかもしれないことが1つ。順位間に差がある可能性が1つ。自民党のときでさえ適切な行動がとれなかったのに、友愛の民主党で飴とムチを使い分けられるとは思えません。文民統制というより頭がお花畑統制でしょう。そのことが1つ。どれも問題があると思います。

 前提がこれでは、『アメリカ兵は1人も必要ない』とは言えないのではありませんか?

>しかし、これから日本に危険な事は、食料自給率、温暖化、と石油減らしの問題です。

 ブログを読ませていただきました。グーグルの規約の問題でコメントを書き込めないのが残念です。
 上記の食料自給率や温暖化、石油依存脱却は、確かに大きな問題です。しかしアメリカは着実に行動に移しているんですよね。石油問題に関していえば、アメリカは風力発電でドイツを抜いて1位になったと昨日の読売新聞が伝えています。全体の1%程度とはいえ着実な進歩でしょう。石炭労働者の雇用確保問題もあって簡単ではないでしょうが、さらに加速してほしいところではあります。
Posted by at 2009年10月13日 09:12
>管理人氏
更新が途絶えているようですがお元気でしょうか
Posted by at 2009年10月22日 12:29
管理人さん、ダンディ村田みたいなマジキチが湧くから何らかの対策打った方がいいよ
Posted by at 2009年10月26日 20:19
元防衛庁の高官でソ連との冷戦期に防衛白書の製作にも携わった太田述正氏曰く
・明治から現在にかけて日本の防衛ラインは台湾-沖縄-朝鮮半島(旧帝国)である事
・戦後は日米安保があり、しかも米軍が日本に駐留している以上、日本には「自国の中心的な領域が武力攻撃を受ける可能性がない」
また日本は島国であり、かつ、戦後一貫して、在韓米軍と韓国軍によってアジア大陸向けの前方防御がなされていること
もちろん、戦後のミサイル時代には、核を始めとする大量破壊兵器による攻撃を受ける可能性、テロを受ける可能性はあること
しかし、総じて言えば、日本のような戦略環境にある国は、それこそ非武装でも構わない事
(尖閣、テロに対してだけ備えるのであれば警察力の強化で対処が可能)
つまり、戦後一貫してソ連、中国等による日本本土への通常武力による侵攻の脅威などなかったとのこと
だからこそ米軍が日本を戦略拠点として利用してきたと言う視点は正しいが、一面的な見方でもある
戦後日本政府(自民党)は米軍の戦略拠点を利用し米国・韓国・台湾の安全保障にただ乗りしてきたと言う視点もある
日本から米軍を追い出したら、誰が“日本の安全保障に関わる防衛領域下”である
台湾・朝鮮有事に駆け付けるのでしょう、抑止力になるのでしょう、自衛隊は本土(内地)を守る軍隊なので無理ですな
そしてこれが日米同盟だわな、アメリカ国民ならオバマのようにこの同盟国に相応の軍事的負担をするよう問い掛けるべきでわ?
中近東になぜ自衛隊は派遣されないのかを逆に問うべきだと思うが・・・・・・
Posted by at 2009年10月31日 03:37
11/6 、「太田光の私が総理大臣になったら。。。秘書田中」にご出演ですか?
http://tokyomaxtalks.blogspot.com/2009/11/i-will-be-on-tv.html
Posted by asdf at 2009年11月06日 17:36
>>1
( ^ω^)おっおっおっ
Posted by at 2009年12月19日 20:39
空いた時間にお小遣い稼ぎをしませんか?ライター募集のご案内です。簡単な在宅ワークで安定した副収入を得ることができます。努力しだいで高額の副収入を得ることも可能です。
Posted by ライター募集 at 2011年09月12日 11:14
あなたのレズ度がわかっちゃう!?レズチェッカーサイトです!たった15の解答であなたの深層心理が赤裸々に!自分ではわからなかった本当の自分が見えてくる…!
Posted by レズ at 2011年10月10日 03:19
韓国にもアメリカの基地あるのでは?韓国しかと?
Posted by at 2011年10月17日 18:56
天皇賞 秋 2011大予想!独自の予想と他にはない圧倒的な情報力で今年のレース展開を徹底分析!JRAの裏情報や一般には漏れないデータを極秘公開中!緻密なデータで勝ちにこだわります!
Posted by 天皇賞 秋 2011 at 2011年10月19日 14:58
あまり知られていないかもしれまんせが、モバゲータウンがトキメキの宝庫だという事実をご存じですか?きっかけを見つけるならモバゲーがオススメ!
Posted by モバゲー at 2011年10月26日 12:39
デフレ不況下に 在っては 、
物価一般は、 断続的にではあっても、下がってゆくので 、
企業ら が 、
『同じ製品ら』を『同じ数量』で 、
販売 しても 、
『売り上げ金額の総額は、より少なく成る』 ので、
何とか販売数量を維持しても、
売り上げ 総額 が 減ってゆく 状況に 在っては、
企業ら大勢(たいぜい)の経営者らは、
それまで通りの 水準の 人件費 や 投資 を 維持し難く成るし、
実際に 、
減らすように成ります。

企業ら大勢が、
そうし合ってゆく事により、
その社会 全体 における、
仕事らとその仕事上の所得らとの総量が、更に減ってゆく事に成り、
それだけ、
投資機会らが減ってゆくので、
金融機関らの内部で、 より多くだぶつかされてゆく資金らが、
より少なく成ってゆく有望な借り手らを追い回して、
何とか借り出して貰おうとする、
社会全体の状況が、形作られ、
資金らへの借り手 需要 側の借り入れ競争は鎮静度を深める一方に成ってゆくと共に、
資金らへの借り手らを求める、
資金らの 貸し手 供給 側の 貸し付け競争が甚だしく成ってゆくにつれて、
金利 は 、
どんどん下がってゆく事に成ります。
あなたやあなた方の 預金の金利は、
そういった動的な図式の現実上の起動によって、
史上最低の水準にまで 下がって来てしまっている訳です。
日本国内で、 圧倒的な最大の影響力を行使し得ている、 日本国内最凶悪の反日勢力である、日本の財務省ペテン師官僚らが、 公共事業潰しと 増税との促進によって、日本経済の可能的な成長の幅を縮小させ続けて来たのが、 デフレ不況の存続深刻化の最大の原因です。
Posted by at 2011年12月27日 10:22
日本で、デフレ不況が続いてゆく、と期待できる場合に、 日本の円を買い進めて保持して置くと、 実際に、これまで通り、 デフレ不況が 続けば続く ほど、 日本国内の品物やサービスらの値段一般は、下落してゆき、
例えば、
百万円の同一品質の車一台が、半年で、90万円に値下がりし、更に半年で、 80万円に値下がりする、 といったように、
同一金額での、 円の購買力が、段々と大きく成ってゆくので、
日本社会一般の 名目金利 が 、
0 % に成った、としても、
実質金利は、 高く成って行きます。

金利 は、
ある通貨の同一金額を持っているだけで、
一定期間後 や 一定期間中に、
同一品質の物 や サービスらを どれ位 多く買えるように成るか、
あるいは、 同一数量の物 や サービスらについて、 どれ程 質を高めたものらを 買える ように成るか、
といった事によって、その実質の大きさを量り観られ得る、という事です。

デフレ下では、
実質金利は、高く成って行くので、
企業ら大勢が、
銀行らから 借金 をして、 仕事らと仕事上の所得らとを得られる働き手たちを増やす事に成る、 投資 をした、としても 、
投資 収益 : リターン が 、
実質での金利の負担を上回って、
実質での 儲け を得られる、 可能性 が、低下してゆく 事を 意味しています。

儲けの見込める、有望な仕事らが減ってゆく不況が続く、 デフレ下で、
投資の見返り利益が、実質の金利負担さえ下回る、という場合には、
民間の企業ら大勢の投資らが増える筈は無く、 実際に、 大筋では減りっ放しです。

そしてまた、
このデフレ存続下での 実質 金利 の 高まり が 、
海外の中央銀行ら等の玄人筋の投資家らが、日本円を買い進めて、円高を推す主因です
Posted by ブログ 経済参謀 シャーロック at 2011年12月28日 13:38
日本の法務省の移民促進についてのラジオ報道では、
わざわざ、
『企業経営に有用な外国人たち』という意味の発信事項が、盛られていたのですが、
これは、
この報道に触れる日本国民一般へ、
暗に警告している観がある、とも取れる発露の仕方に成っています。

いわゆる、 幽霊会社、ペーパー・カンパニーなどを身元確認上の情報遮蔽用の盾としたりもして、
中国系の資本らが、日本のさまざまな資産らを買い進めており、
一定以上の株主 として、
日本の富を産み増す、『日本の宝』である、 人的技術的資産や 生産資産ら 等が、
中国に都合好く 利用され、悪用されても行く流れ が、 強められ、 大きく 成りつつある 現状 に在って、
中国や アメリカ等から、 日本企業らを経営するための者らが、より多く、よりたやすく、日本へやって来るように促す、 等という事は、
日本国民一般の福利の拡充どころか、 その水準の維持すら難しく成る事態を、日本側に在って、日本の味方の振りをして来た連中が、 無理心中的に、
日本国民一般へ押し付けようとする、
全くの反日行為でしかありません。

生産性を高める、割合が大きく、 手っ取り早い方法は、
海外の労働ら よりも 格段に高い 価格水準 で 売られている、 日本の労働ら に 代えて、
海外の労働らを 買って 使う ようにする 事 であり、
そうする流れを作って置いて、
日本国内の可能的な働き手たち に、
労働価格の値下げを強いて、
実際に、日本国内の労働価格一般を引き下げてしまう こと です。

この移民促進に加えて、 TPPに日本が絡め取られると、海外からの格段に安い労働らが日本国内にまで押し寄せて来て、 これまでは、海外の安い労働らとの値下げ競争が無かった公共事業らまでが、所得らの低下促進の場に成ります。
Posted by 法務省 03ー3580ー4111 へ 問い合わせよ at 2012年01月10日 10:48
とうとうカラコンが発売されるみたいだよ!まだまだ購入できるサイトが少ないから見逃さないで!
Posted by デ コ ログ at 2012年01月24日 11:47
日本国内の消費 = 所得 の 十数% を 増やす だけで、 日本は、 現在の デフレ不況 を 抜け出して 、 継続的に 好景気を実現して行き得る、という事は、 経済統計上の数値らと それら数値らの推移ぶりへの認識に基づく、 定量的 = 科学的な判断 であって、 ゴールドマン・ サックスら金融資本勢の投資アドバイザーらが、日本へ、 大量移民の受け入れと 財政支出の減少化による、公共事業らの抑制に縮小とを勧めているのは、 主に、彼らが、 日本の デフレ不況 の存続で、儲け続けているからであり、 日本人ら一般の為に、彼らが、芯から忠告する事はありません。 中国は、日本へ、中国人移民らを大量に入れて、失業者減らしと日本国内での政治力とを獲得する為に、経済論者らに、大量移民による日本経済復活説を繰り返し宣伝させているだけであり、 実際には、 金融資本勢のスポークスマンらが、 日本の経済素人国民らに主張して観せているのとは、全く、逆に、 彼らは、 中国の中央銀行などの、 海外の中央銀行らの投資担当者らも含めて、 日本の円を買い進めており、 『円建て』の日本の資産らを買い進め続けており、 『だからこそ』、 円高が進んで来たのであって、 彼らが、 日本の『デフレ不況の存続から生ずる、 高い実質金利』と『円高顕著化局面での時々の為替差益』とを 儲ける ために、 日本の円 を 買い進めて来なければ、 今現在、円高基調に成る事は無かったのだし、円高株安、という、ねじれ現象が、間欠的に継続して 成り立つ事 も 無かったのです。 特に、素人投資家らは、 この記述事項らの呈する意味を、きちんと把握しないと、 せっかくの大儲けの絶好の機を 見逃す だけ でなく、素人だましでも、儲けようとしている、金融資本勢のデマに乗せられて、またしても、損させられる事に成ります。 彼らは、ひとに 勧める事とは、正反対の投資をやって、 巨額の利益を日本のデフレ不況の存続から獲得し続けていますし、これからも、そうしてゆくつもりです。
Posted by ブログ 経済参謀 シャーロック at 2012年02月04日 20:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。