2009年08月10日

「日本人の節度見習おう」ブランビラ観光相の招待も丁重に断る【イタリア】

brambilla.jpg


 茨城県つくば市の会社社長山田康行さん(35)らは6月、イタリア旅行中に、ローマの有名レストラン「パセット」でランチ代として695ユーロ(9万5714円)という法外な金額を請求されました。

 山田さんらが、支払い後に警察に届け出たため、このぼったくり事件はイタリア政府の知るところとなり、ブランビラ観光相は事件について謝罪し、政府の費用負担で山田さんらをイタリアに無料招待する考えを示しました。

 なんでも、観光立国として知られるイタリアも、最近は日本人の旅行者がピーク時に比べて半減していて、政府は悪い印象を振り払うのに懸命なんだそうです。
 そんな事情もあって、政府はこのレストランをすぐに閉店させ、この店を訴え、
「政府はホテルやレストランなどの価格やサービスをチェックし、観光客の権利を守るため監視委員会をつくる」
と、急いで発表したらしいです。

 それに対して、山田さんは「イタリア国民の税金を使うことになる」として辞退しました。
 この山田さんの姿勢に、イタリアで称賛の声が挙がったんだそうです。

続きはココから
posted by kaigai at 22:18| Comment(9) | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。