2009年08月16日

「つまらないものですが」が通じる国・日本はトンガの指針となり得るか【トンガ】

トンガ王国


 もう少し、トンガの話です。

 年末年始に行われる高校ラグビー。見ていると、たまに埼玉あたりの選手で、色黒で一回り体が大きく物凄い突進を見せる高校生がいたりします。

 すごいやつがいるなあ、と思って見ていると、名前が「ラトウ」とかいったりして、ようやくそれがトンガ出身の留学生だったとわかります。

 トンガと日本の意外な交流には、ラグビーがあるのです。

 トンガの高校ラグビー・トーナメントの時期に日本の大学ラグビー関係者が選手の引き抜きにやってきたり、お隣のニュージーランドやオーストラリアの選手が日本でプロ契約を結んだといった話が伝わるため、トンガでは、
日本はラグビーが盛んで、ラグビーで稼げる国だ
という誤解があるようです。


 しかし、そうやって日本に来た留学生が、トンガに帰って日本の思い出話をするときには、きまって、

「日本はどこもかしこも掃除が行き届き、輝いているし、四六時中、人々は掃いたり、拭いたり、磨いたりしている国」

という印象を語るそうです。日本人の掃除の習慣は、国際スタンダードからするとかなり上なんでしょうね。

 そういう違いを語る一方で、トンガ人が日本人ときわめて似たメンタリティを持っている部分があるのだといいます。それは何なのでしょうか。

続きはココから
posted by kaigai at 20:27| Comment(13) | TrackBack(0) | トンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

日本人のふりをする中国人と本物の日本人の見分け方【トンガ】

tonga.jpg


 トンガって、どこかで聞いた名前だけど、どこにあるのってなると??となってしまう国。
 トンガ王国は、オーストラリアの東、南太平洋上にある人口10万人弱の小さな国で、訪れる日本人も年間1000人未満しかいないのだそうです。

 この国のウリは、「飢えない最貧国
 放っておいてもいくらでもなる芋やフルーツ、そして海の幸。加えて、10万人の在外トンガ人の仕送り。

 何よりも、お腹が空いたら知り合いの家に行けば、
お腹空いてる?
と挨拶代わりに聞かれて、即台所直行がOKだそうです。

 なんとも、おおらかでうらやましいのですが、反対にこちらが家で何か美味しいものでも作っていると、どこからか友人が現れるんだとか。

 そんなトンガ人は、けっこう親日。で、どうも中国人とは折り合いが悪いらしく、トンガでは、
日本人のふりをする中国人と本物の日本人の見分け方
があるんだそうです。

 さて、どんな基準なんでしょうか。

続きはココから
タグ:トンガ
posted by kaigai at 17:06| Comment(36) | TrackBack(1) | トンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。