2009年08月31日

一応、昨日の選挙についての海外メディアの報道を

2009衆議院選挙


 一昨日書いた記事の「ストライク」→「よし」といった「敵性語」について、これはデマとのご指摘をいただきました。
 よく参考にしているWikipediaの「敵性語」の項に書いてあったので、そのまま載せてしまいましたが、そういうこととは知りませんでした。

 Wikipediaには、他にも「敵性語排斥で改題された『キング』改め『富士』(昭和18年3月号)」という雑誌の表紙写真も例として載ってたり、また、水島新司の『野球狂の詩』でも、登場人物の岩田鉄五郎の戦時中の試合で、

いい球、打者だめ!

とか、審判が言っていた場面を覚えていたりしたので。。

 コメントを寄せていただいた方々、ありがとうございました。

 で、あらためてWikipediaの「敵性語」を見てみたら、
ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」→「ハ・ニ・ホ・ヘ・ト・イ・ロ・ハ
「ドレミ」の語源はイタリア語だが、「軽佻浮薄」だとして言い替えが行なわれた。
も、ありました。イタリアって、三国同盟を結んでいた相手なんですけどね??


 さて、今日一日は、昨日行われた衆議院選挙の話でもち切りでした。
 あまり、政治ネタは扱うつもりはないのですが、かなり世界でも取り上げられたということで、日本で報じられた海外メディアの声をざっと拾ってみました。

続きはココから


posted by kaigai at 19:12| Comment(22) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

外国人あこがれのbento(弁当)「最高の栄誉」に浴するのは日本人でも大変

キティちゃんお弁当箱


 産経新聞が、「弁当キュート!」「礼の国だ」と、弁当についての外国人の反応を取り上げて話題になってますね。

 日本の中学生や高校生にとっては日常当たり前に作ってもらっているお弁当が、「外国人には驚きと崇拝の対象となってしまう」として、

bento(弁当)にあこがれる。あの箱には夢と料理が入ってる」(オランダ)
「いろんな料理がちょっとずつ入っててとってもキュート!」(米国)
bentoを(日本の)女の子に作ってもらうのは最高の栄誉だと聞いた」(フランス)

といった声を紹介しています。

 こういう普段特別何も感じないものを驚かれたりすると、「あ、日本ってそうなんだ」と新たな発見がありますね。

「海外の学校に転校して、母親お手製の日本式の弁当開けたら、すごいすごい!』って持て囃され、クラスのヒーローになったって子もいるらしい」

なんて書き込みもネットにはありました。

日本女性のこまやかな心遣いの結晶とも言える弁当は、日本が誇るべき文化だったのだ

と、産経は書いていますが、「こまやかな心遣い」だからこそ、見逃してしまいがちなのかもしれません。

 りんごをお弁当箱に詰めるのに、わざわざ皮をウサギの耳のように切る――少しでも子供が楽しんで美味しく食べられるようにという、そんなちょっとした母親の思いは、諸外国には見られない日本人的な心遣いだったんですね。

続きはココから
ラベル:弁当 Bento
posted by kaigai at 19:33| Comment(24) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

「サルコジでございまーす」外国人が見た「ニッポンの選挙」はどこがヘン?

ニッポンの選挙


 衆議院選挙まであと3日。街を歩いても家にいても、お馴染みの光景が見られ、お馴染みの声が聞こえてきます。

お願いにあがっております

って、いつも選挙のときだけ庶民はお願いされてしまいます。センセイたち、この時とばかりに商店街のお祭りに参加したりして。。

 「権威」であるたけしさんも、こういうときだけ自転車に乗って、当選したら運転手付きの車やグリーン車に乗るくせに、とのたまわってました(「本人が来ております」って、当たり前だろ!とも)。

 日本人でさえ、ヘンだと思う選挙運動なのですから、外国人は…と思ったら、やっぱりでした。
中日新聞」が、「県内外国人に聞きました ニッポンの選挙『ここが変』」(8月25日)という記事を載せています。

『騒ぐ』候補者 『黙る』有権者

だそうです。

続きはココから
ラベル:選挙
posted by kaigai at 20:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。