2009年08月25日

出演者に2億3億もギャラが出るチャリティ?『24時間テレビ』に外国人が疑問の声

レイバーデイ・テレソン


サイゾー」9月号が、
外国人も呆れる"エセチャリティ"『24時間テレビ』最大の過ちとは
という記事を掲載しています(ネットではこちら

 海外でチャリティ番組といえば、出演者がノーギャラで行うのが当たり前のところ、「国民的チャリティ番組」(日テレ公式サイトより)と銘打つ『24時間テレビ 愛は地球を救う』では、

全ての出演者にギャラが発生しているのは公然の事実。その総額は2億とも3億ともいわれている

のだそうです。

 日本テレビによれば、

基本的にボランティア」
「しかし、拘束時間の長い方など、場合によっては謝礼という形でいくらかのお支払をしております」(2000年11月「放送倫理・番組向上機構」での回答)

というのですが、「今年で32年目を迎え募金総額が272億円」にもなる“夏の風物詩”が出演者の懐を潤す催しだとなると、何だかなあと思ってしまいます。

 この“日本式チャリティ”についての外国人の声も興味深いものです。

続きはココから


posted by kaigai at 14:49| Comment(14) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。