2009年09月15日

がさがさ、ペラペラ…のりピーもびっくり!「月の天女」お気に入りの擬声語、擬態語は日本の「国宝」【イギリス】



 度々紹介している『「ニッポン社会」入門』ですが、著者のコリン・ジョイス氏は、

擬声語や擬態語は、日本人の素晴らしい共有財産であり、一種の『国宝』と言ってもよいだろう

と、語っています。

 本の中で、ジョイス氏は、「ペラペラ」や「イライラ」といった例を挙げていますが、擬声語・擬態語といわれて、以前youtubeで見たalanの動画を思い出しました。

 alanは、中国四川省出身のチベット民族の女性歌手(22)で、alanとは本名の「阿蘭·達瓦卓瑪(アラン・ダワドルマ)」という名前の名字(阿蘭)です。
 名字だけ使って芸名としているというのは、「安室」みたいな感じをねらっているのでしょうか。「達瓦卓瑪(ダワドルマ)」が名前で、こちらは「月の天女」という意味だそうです。
 三国志を描いた映画「レッドクリフ」の主題歌「RED CLIFF 〜心・戦〜」などで、既にご存知の方も多いかもしれません。

 で、そのalanが、以前、何かの音楽番組で、中国の楽器二胡を弾きながら「涙そうそう」を歌っている動画がyoutubeにあり、歌う前のトークで「好きな日本語」を聞かれて、擬声語・擬態語を挙げていたのです。

 ところが、その動画を改めて探してみたところ、「涙そうそう」の部分はあるのですが、歌う前のトークの部分はすべて削除されていました。

 おかしいなあ、と思って、調べてみると、なんと、alanに「好きな日本語は?」と聞いていたのは、あののりピーでした!

続きはココから
posted by kaigai at 18:26| Comment(14) | TrackBack(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

合気道に魅せられたロバート・ケネディ「小柄な先生に私のボディーガードは」




 動画がとても面白かったので、取り上げてみました。

 アメリカのジョン・F・ケネディ大統領の弟、ロバート・ケネディが1962年に来日した折のエピソードです。

 合気道の評判を聞いていたロバート・ケネディが、合気道の始祖植芝盛平の愛弟子塩田剛三の養神館道場を訪れるのですが、塩田の演武での強さを疑ったロバートが、同行していた自分のボディーガードとの手合せを申し出ます。

 結果は、動画にもあるとおり、あまりにもあっけないものでした。

「私のボディーガードがその小柄な先生に立ち向かっていったところ、まるで蜘蛛がピンで張り付けられたように、苦もなく取り押さえられた。その後でボディーガードは『今朝は食事をしてこなかったものですから』と言ってはいたが、食事をしてきたら勝てたとは言わなかった

と、後にロバートは回顧録にしたためています。

 合気道の興味がわいた方は、この動画の前半もどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=7LZQfTSN8yQ

続きはココから
posted by kaigai at 19:15| Comment(16) | TrackBack(0) | youtube動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

「日本は安全」という外国人の言葉を裏付ける「危険な国ランキング」

危険な国ランキング


 読売新聞によると、民主党の鳩山由紀夫代表の似顔マスク「平和の鳩山くん」が売れているのだそうです。
 このシリーズには、「ミスターオバマ 大統領マスク」や「アキバの太郎くん 総理マスク」もあって、日米首脳会談や与野党党首討論もできるらしく、読売は、「宴会などの余興に使われる」としています。

 どんな商品かは見てのとおりです。
 確かに、宴会の流れによっては受けるのかもしれませんけど、一度限りの長持ちしないネタになりそうです。
 その後、買ったマスクの使い道には困るかもしれませんね。

 しかし、いろんなものがあります。



 さて、外国人が日本について語るとき、よく口にするのが、

「日本は安全だ」

ということです。

 それを裏付けるデータはないかと探していましたら、ちょうどGIGAZINEに「世界で最も危険な国はどこかがわかるランキング」という記事が出ていました。



 取り上げられた図表を見ると、なるほどと思わされます。

続きはココから
posted by kaigai at 21:01| Comment(30) | TrackBack(1) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

クマ型介護ロボット「RIBA」を見たアメリカ人の反応【アメリカ】

クマ型ロボット「RIBA」


 ドラえもんはネコ型ロボットですが、こちらはクマです。

 理研と東海ゴム工業が、世界に先駆けて介護支援ロボット「RIBA(Robot for Interactive Body Assistance:リーバ)」を開発しました。

 RIBA は2本の腕で、人をベッドや車椅子から抱き上げ、移動し、抱き下ろすという一連の作業をこなすことができ、介護の負担を軽減するロボットだそうです。

 ロボットの重さは180キロで、2006年には最大18・5キロ(40パウンド)しか持ち上げられなかったところ改良され、最大で61キロ(135パウンド)の体重の人を安全に運ぶことができるといいます。

 動作は、声による指示に反応して動き、センサーの働きで指示する人のいる方角に真正面に向き合うよう修正できたりもします。

 詳しくはこちらです(動画もあります)。

 このロボットを見たアメリカ人の感想は、どんなものだったのでしょうか。

続きはココから
posted by kaigai at 18:52| Comment(13) | TrackBack(1) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

「世界で最も短いエスカレーター」の評判 「日本人は冗談が好きだ」



 動画は、神奈川県川崎市のショッピングセンター「川崎モアーズ」にある世界で最も短いとされるエスカレーターです。

 このエスカレーターは、段差が83.4センチで5段しかなく、所要時間はわずか5秒。89年、ギネスブックに「最短のエスカレーター」として認定されているそうです。

 このyoutube動画には、

「笑った」
「なんと怠惰な」

と、多くの外国人のコメントが寄せられています。

続きはココから
posted by kaigai at 18:17| Comment(29) | TrackBack(0) | youtube動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。